英語圏の国では「トイレ」の表現も違うの?アメリカでは「bathroom」で、イギリスでは「toilet」なんだって!

こんにちは\(^o^)/

 

今日のトピックは「トイレ」の

表現の仕方の違いについてです!

地域によって「トイレ」を表す言葉が

変わってくるんですね( ゚∀゚)

 

結論から言いますと

アメリカ英語では「bathroom」と言い、

イギリス英語では「toilet」と言うんです!

 

スポンサーリンク


 

 

アメリカ英語の「bathroom」は日本語の「お手洗い」や「化粧室」に似てる?

 

例えば日本で友だちと話している最中に

「ちょっとトイレ言ってくるね!」と

言うのは何も違和感はありませんが、

アメリカ人は「トイレ(toilet)」という

表現を使いません!

 

アメリカ人からしたら日本人の

「トイレに行ってくるね!」という

表現は少し変に感じるでしょう(^_^;)

イギリスでは「toilet」と使うのに・・・。

 

 

何故でしょうか?(・∀・)

 

これは日本人が「トイレ」を少し丁寧に

「お手洗い」や「化粧室」という間接的な

言葉を使うのと考え方は似ています(^○^)

 

つまり直接「トイレ」と言ってしまうと

そこで何をするのかが分かりすぎてしまい

少し下品な言葉になってしまうので、

オブラートに包むといった感じですね!

 

そこで日本語の「お手洗い」や「化粧室」に

近い感覚なのが「bathroom」なのでしょう!

 

 

英語ではふつう席を外すときや

どこかに行く理由を言うときに、

「I have to 〜」や「I got to 〜」を

使うことが多いです(^o^)v

少し優しい言い方になるんですね!

 

例えばあなたがもう家に帰りたいとき

直接「帰りたい!」と言うのではなく、

「もう帰らなきゃ!」と

表現すると柔らかくなります\(^o^)/

 


✕ I wanna go home.
家に帰りたい。


◯ I have to go home.
家に帰らなきゃ。


◯ I gotta go home.
家に帰らなきゃ。


 

 

これと同様に

「トイレに行きたい!」ときも、

この表現がそのまま使えます!

 


I have to go to the bathroom.
トイレに行ってくるね。


 

ただ1つだけ注意してほしいのは

これを楽しく話している最中に唐突に言ったら、

「なんだこいつ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」と

少し冷たく思われてしまうので、

ここに前置きをつけます!

 

 

日本語でいう「ちょっと待ってて!」

の表現ですね\(^o^)/

それが「one minute = ちょっと待って」

なんです!

 

何か言いたくて相手の話を

少し止めたいときに使えます!

同じような意味で

「one second = ちょっと待って」

も使えますね(^O^)

 

なので友だちといるときにトイレに

行きたくなったらこう言いましょう!

 


One minute, I have to go to the bathroom.
ちょっと待って、トイレに行ってくるね。


One second, I gotta go to the bathroom.
ちょっと待って、トイレに行ってくるね。


 

スポンサーリンク


 

 

フォーマルな場面で「トイレ」を表現するには?

 

上の説明はカジュアルな場面で使える表現です!

ではもう少しフォーマルな場面で使いたいときは

どう表現すればいいのでしょうか?

 

フォーマルな場所だと「bathroom」さえ

少しはばかれたりもするので、

次のような言い回しを身につけましょう!

 

 


One minute, I’ll be right back.
少し待っていてください、すぐに戻ってきます。


 

このようにどこに行くのかを

伝えなくても大丈夫なんです( ゚∀゚)

行って帰ってくることだけを伝えれば

何も問題はありません!

 

アメリカで「トイレ」を借りたいときには

もう何て言えばいいかわかりますよね?

 

 


May I use the toilet?
トイレ借りていいですか?


 

という表現よりも、

 


May I use the bathroom?
お手洗い借りてもいいですか?


 

の方が理解してもらいやすいです!

その他には「restroom」「powder room」

なども使えるでしょう!

 


Excuse me. Can you tell me where the restroom is?
すみません。お手洗いはどこですか?


I’m gonna powder my face in the powder room.
化粧室で化粧をしてきます。


 

スポンサーリンク


 

 

イギリスでは「toilet」をそのまま使っても問題はない!

 

イギリスにはそもそも「toilet」が

少し下品というイメージがないので、

そのまま「toilet」を使ってもらっても

全く問題がありませんよ\(^o^)/

 

イギリスでより丁寧な「トイレ」の表現に

「loo」というものがありますが、

頭の片隅に入れるか入れないか程度でも

特に困らないとは思いますよ(゚∀゚)

 

最後になりますが、

たまに「I’d like to borrow the toilet.」と

「トイレを借りたいんですが・・・。」

と表現する日本人がいますが、

この「borrow」の意味は

「借りてそのまま持っていく」なので、

「トイレを借りてそのまま

持っていっていいですか?」

というニュアンスになってしまいます( ゚∀゚)

英語ってなかなか難しいですね・・・。笑

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です