ディスカッションで使える英語!これを使って積極的に討論しよう!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

前回の英語の記事

【それって「騎士」なの?それとも「夜」なの?ややこしい英語の同音異義語をマスターしよう!】

【それって「花」なの?それとも「小麦粉」なの?ややこしい英語の同音異義語をマスターしよう!】

は、いかがでしたでしょうか?

 

 

同音異義語はややこしくて

覚えるのが大変ですよね(゚∀゚)

ただ、同じ音に関連させて単語を一気に

覚えられるので効率はいいと思います!

マスターできるといいですね(*^^*)

 

今日は題にもある通り、

ディスカッションで使える英語の

言い回しを記事にしていきますね(^^)/

 

日常会話以外にも

自分の仕事に英語を使いたい方は、

当たり前ですがフォーマルな表現を

身につけなければいけませんよね?

 

 

仕事中に友人と話すような会話をしたら、

「この人は大丈夫かな。」

「少し信用できないかもしれないな。」

などと思われてしまうかもしれません。

そのためにもしっかりと身につけ、

最適な表現を使っていきましょう(´∀`)

本日は以下の8つの表現を見ていきます!

 

  1. Tell me more about 〜
  2. What do you think about 〜 ?
  3. What’s your rationale for that?
  4. I’m afraid you’ve lost me.
  5. The reason I feel this way is 〜
  6. And one more thing 〜
  7. Here’s what I think 〜
  8. There’s no doubt that 〜

 

明日また別の8つの表現を記事にしますね!

なので今日と明日の記事を見れば

だいぶ表現が身に付くと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ

では、いきます!

 

スポンサーリンク


 

 

「Tell me more about 〜(〜についてもっと聞かせてください。)」

 

相手が話していることに対して、

もっと詳細な説明を求めるときに使えます!

自由に意見を問う質問なので、

相手にどんどん話してほしいという

意思表示にもなりますね!

「Tell me more about it.」や、

「Tell me more about that.」で、

使用できると思います(^O^)/

 

 

 

「What do you think about 〜 ?(〜についてどう思いますか?)」

 

自分の意見を述べたあとや、

相手の意見を聞きたいときに

使うのがこの表現!

ディスカッションはお互いの

意見交換が必要不可欠ですよね!

自分ばかり話していては、

スピーチと同じですから!

What’s your opinion?

(あなたの意見はなんですか?)

よりも丁寧な表現になります!

 

 

 

「What’s your rationale for that?(それに関して、あなたの論理的根拠は何ですか?)」

 

これは相手が話したことに対して、

裏付ける根拠を説明してほしいときに

使える表現ですね!

rationale(論理的根拠)という意味ですので、

会話のレベルとしては少し高くなります!

 

 

 

「I’m afraid you’ve lost me.(恐れ入りますが、あなたの言うことがよくわかりません。)」

 

I’m afraid 〜 はこれだけで丁寧な

表現なので結構使えると思います(゚∀゚)

発言全体をソフトにする感じですね!

lose は見失うという意味なので、

「さっぱりわからない」ということを、

相手が傷つかないように伝える表現です!

(lost は lose の過去・過去分詞形)

 

スポンサーリンク


 

 

「The reason I feel this way is 〜(そのように感じている理由は〜です。)」

 

英語に限らず日本語でもそうですが、

しっかりと理由を明確にすることが大事です!

ディスカッションの際はぜひ実践しましょう!

fell には「心から信じている」

という意味合いがあるので、

自分の意見を強調できる表現です!

 

 

 

「And one more thing 〜(そして、もう1つのこととして〜。)」

 

これはとても自然な表現です!

会話でスムーズに使えたらカッコいいですね!

先程の表現同様に自分の意見の強調や、

他にデータや証拠を追加したいときにも

使用できるので便利です!

 

 

 

「Here’s what I think 〜(私が思っていることは〜です。)」

 

他の人の意見ではなく、

確実に自分の意見として言っている

ということを伝える表現です!

This is my opinion. よりも、

柔らかい印象が与えられると思います!

 

 

 

「There’s no doubt that 〜(〜には疑いはありません。)」

 

自分の意見に自信を持っているというのは、

ディスカッションを有利に進めるポイントです!

もちろん同様に、

声のトーンや姿勢なども影響を与えますが、

言葉を使っての表現もオススメします!

 

スポンサーリンク


 

 

いかがでしたでしょうか?

以上が前半の8つの表現となります(*^^*)

また明日の記事で8つ載せていきますので

楽しみに待っていてください(^O^)/

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です