【1】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

こんにちは((o(´∀`)o))

 

語学学習をしていると

よくこんな声が聞こえてきます!

 

『語学を習得するには実践で

どんどんアウトプットした方がいい!』

 

 

もうお気づきの方もいるとは思うんですが

語学学習に限ったことではないんですね(^^)

なぜかというと簡単で、

インプットしたものをアウトプットして

初めて自分の中で整理ができるからです!

 

逆に言うとしっかりと整理するために、

どんどんアウトプットの量を

増やしていった方が早く定着するんですよ!

 

今日は僕が入っている英語学習LINEグループ

で見つけた日常で使えそうなフレーズを、

いくつかご紹介したいと思います!

 

誰かがグループに入ってきた時のあいさつや

日常でのみんなに対しての呼びかけなど、

ネイティブがどういう英語を普段使って

いるのかが理解できると思います(^O^)v

 

 

ちなみに僕は語学交換の「tandem」という

アプリで知り合った方からこのグループを

紹介していただきました\(^o^)/

13人のグループLINEとなっていますね!

では早速いきます((o(´∀`)o))

 

スポンサーリンク


 

 

「はじめまして」の挨拶から定番日常会話まで!

 

これは結構一般的な挨拶ですね(^O^)

「Hi guys」で「やあみんな」という

ニュアンスです!

友達同士のようなカジュアルな関係の

ときは「guys」を使っても大丈夫ですが、

ビジネスなどの堅い場面で使わないように

気をつけましょう(・_・;)

「Im」は「I’m」と同じ意味ですが、

LINEなどのスピードが速い会話では

このように省略されることも多いですね!

「I’m」の後に入るのはもちろん自分の名前です!

 

 

2番目の黄色線部分は

この方の友人の名前が入っています!

「be going to〜」は「〜するつもり」なので、

「あなたに英語を教え、手助けをするつもりです」

みたいな訳になりますね(*´∀`*)

「you guys can help us Japanese」は、

友達感覚で訳すと「日本語も教えてね」という

意味になるんじゃないかなと思います!

「私たちは英語を教えるから日本語も教えてね!」

 

 

「Don’t be」が「〜しないで」なので、

「afraid」をつけて「恐れないで」となります!

意訳だと「気にしすぎないで」ですかね!

「drop」は動詞で「落とす」の意味があるので、

「drop a message here」で

「メッセージちょうだいね!」というニュアンス!

「people」以下の文章を訳してみます(^^)

「人々は見ているけど、何も言うことはない」

というのはきっと、

「間違えても何も陰口などを言う人がいない」

という意味が汲み取ることができますね!

日本語でもそうですが

省略して言っていなくても含みの意味が

あることって多いですよね(;´∀`)

それと同じです!

ですのでこの文章全体の訳をしてみると

「間違えても陰口などを言う人はいないから、

ここにメッセージを送るのを恐れないで!」

ということになりますm(_ _)m

 

スポンサーリンク


 

 

これは上の「恐れないで」という

メッセージに対しての回答のLINEです(^^)

「Haha」は日本の「笑」と同じ意味です!

「maybe」は「恐らく」で、

「don’t know」は「わからない」ですね(^^)

「what to write」は「何を書いたらいいのか」で

「to be honest」は「正直言って」となります!

文章全体の意味を繋げると、

「ははは!正直言ってみんなは何を書いたら

いいのか多分わからないんじゃないかな〜!」

みたいなニュアンスです(^^ゞ

 

 

この文章も同様に2つ上の

「恐れないで」というメッセージ

に対しての追加意見ですね(゚∀゚)

まず「Why don’t you〜?」で、

「〜したらどうでしょうか?」という

相手に提案する表現でかなり使いますね!

この機会に身に付けてみてください♪

「drop a theme」で「テーマを決めて」

みたいなニュアンスで大丈夫です!

「we post〜opinion or story?」は

「私たちは自分たちの意見を発言するでしょう!」

という意味になりますね!

「発言」という単語は出てきていませんが、

「post」という「書き込む」と同義の単語

があるので「発言」と訳しても問題ないかなと!

文章全体をやくしてみると、

「あなたがテーマを決めてくれたら

私たちは自分たちの意見を発言するでしょう!

どお?やってみたら?」

ニュアンス的にはこんな感じです(^^ゞ

英語と日本語ってそもそも完全に直訳できる

言語ではないので意訳で汲み取っていきます!

むしろ中学校・高校の英語の授業って

完全に直訳で勉強させられてきたので、

おそらく日本人ってそういう癖がついて

しまっているんじゃないかと思っています!

 

スポンサーリンク


 

 

これやばいです・・・。

まだ載せてない表現が30個くらいあります(゚∀゚)笑

明日以降も続きを書いていきたいと思いますので、

引き続きよろしくお願いします(^^ゞ

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

p.s. ボイスチャットで発音も直してくれます♪

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です