【6】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

今日もいきますよ!

このシリーズも残り2日(゚∀゚)

最後までついてきてください!

 

 

【1】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

【2】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

【3】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

【4】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

【5】LINEグループで英語学習!これぞ日常英会話が身につく基礎中の基礎!使える表現たくさん載せます!

 

スポンサーリンク


 

 

「経験」を聞く質問から子供時代の表現まで!

 

この「Yooooooooooooooo」の

「ooooo・・・」はこのシリーズで

何度も出てきていますが、

特に意識する必要はないですよ!

単に若者言葉みたいなニュアンスなので(・∀・)

あとはテンションが高いときに使うみたいです!

「what’s up」は

色々な場面で使われるのですが、

ここでは「やぁ!」みたいな軽い挨拶

程度で使われています( ´ ▽ ` )ノ

他の意味としては、

「最近どうしてる?」「おいっす」

「何してるの?」「これから何するの?」

「どうかしたの?」

などなど幅広い場面で使われています!

 

 

「いやもう何回出てくんねんっっっ!!!」

って思ったそこのあなた( ゚∀゚)

大丈夫です!僕もそう思ってます!笑

それくらい使われる言葉遊びみたいな

もんなんじゃないですかね?(゚∀゚)

 

 

一番最初の「Have you(ever)+ 過去分詞形」は

「(今までに)◯◯したことはありますか?」という

経験があるかないかを聞く疑問文になります!

なのでこの文章の訳としては、

「みんな!”Us”っていう映画を見たことある?」

となりますね( ´ ▽ ` )ノ


Have you ever been to Korea?
韓国に行ったことありますか?


このような感じで「◯◯に行ったことある?」

とかはかなり使う文章だと思います(^^)v

そもそも動詞がなぜ過去分詞形かと言いますと、

ここの「have」は

「持っている」という意味ではなく、

現在完了形の「have」だからです(゚∀゚)

「今までに何回◯◯しましたか?」のように

経験があるかないかではなく、

回数を聞く場合には「ever」はつけないので

注意してくださいね( ´ ▽ ` )ノ


How many times have you been to Australia?
オーストラリアに何回行ったことがありますか?


「I don’t have enough time」は

「十分な時間がありません」と訳せます!

「enough」は「十分な」という意味ですが、

発音が綴りからは考えられないからややこしい(T_T)

これで「イナフッ」と発音するので、

正確なのを知りたいようでしたら

Google検索してみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

スポンサーリンク


 

 

「feel free」は「気軽に」という意味です!

「to ask me any questions」の直訳は

「いくつかの質問を私にしてください」ですが、

その後に「you want = したいなら」とあるので

全体を訳すと、

「もしみなさんが英語についての質問を

したいのなら気軽にしてください!手助けします!」

というニュアンスになります( ´ ▽ ` )ノ


If you have any questions at all, please feel free to ask me.
何かご質問がありましたら、遠慮なくお尋ねください。


この例文と同じような意味になります!

接客業ではこの「feel free」という表現を

よく使ったりしますね(*^^*)

店員がお客さんに言うことが多いです!

 

 

「learn」は「学ぶ、学習する、習得する」

という意味!

「when I was ◯◯」という表現は

昔のことを言うことにとても適しています!

「when I was a child(子供の頃)」

「when I was a student(学生の頃)」

「when I was young(若かった頃)」

「when I was small(幼い頃)」

「when I was 5 years old(5歳の頃)」

などなど最後の部分を変えるだけで

いつの時代も表現可能になります(^^)

かなり便利な表現なので

しっかりと身につけて使ってみましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

いよいよ明日でラストとなります!

見逃さないように(゜∀。)

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です