英語にも「本音」と「建前」はあるのか?英語だってストレートに言わないほうがいい場合もある!

こんにちは(*^_^*)

 

ところでみなさんは英語にどんな

イメージを持っているでしょうか?(゜.゜)

結構いわれているのは、

「英語はストレートできつい印象がある!」

「建前とかはまったくないんでしょう?」

「否定的なことも躊躇なく言えるんでしょう?」

とかとかですね(^_^;)

 

 

でも本当にそうなのかな〜?

勝手なイメージなんじゃない?

もちろんそういう部分もあると思います!

ただそうじゃない部分も多いので、

今回はそれについて書いていきますね(^^)/

 

スポンサーリンク


 

 

「little white lie」

 

まずはじめにお話するのは

「little white lie」という考え方です!

この話を聞いた時にまず感じたのは、

「日本語と一緒だね!」ってことです(^^)/

この「little white lie」は善意に由来

しているので「white」が使われていますね!

悪意のイメージの黒と比べてでしょうか!

 

なので「little white lie」とは

人を騙すような嘘ではなくて

善意からくる嘘のことを言います!

例を挙げて見てみましょう(^o^)

男女の関係だとわかりやすいかも!

 

 

男性が女性にデートを誘うとき、

「あなたに興味がないの」と言うと

ちょっとストレートすぎますよね(^_^;)

なので相手の感情を傷つけないように

こう言う人は多いみたいです!

 


Actually, I’m seeing someone right now.
実は、いま付き合ってる人がいるの!


 

もちろんこれも傷つくは傷つきます(^_^;)笑

ただ相手を直接否定していない点が

かなり有効なのかもしれません(^^)/

 

 

またこのようなケースもあると思います!


A:I just had my hair cut. What do you think about my new hairstyle?
たったいま、髪の毛を切ってきたの!私の新しい髪型どう思う?

B:(Actually, B thinks A does not look good with the new hair cut.)It’s really cute!
(Bさんは内心、Aさんの新しい髪型が似合ってるとは思っていませんが)とてお可愛く見えるよ!


 

このような例は、

「相手に気持ちよくなってもらう点」

「ストレートに言うより不快にさせない点」

で優れており「little white lie」として

アメリカでは考えられているようです(^^)/

 

逆にこの「little white lie」の反対は

「being forthright=率直に話す」で、

さっきの髪型の話題で感想を聞かれた

Bさんはこう答えるはずです!

 


I think I like the old one better.
前の方が好きだったなー!


 

スポンサーリンク


 

 

「bending the truth」

 

今日はもう一つこの考えに似ている

概念をご紹介したいと思います(^O^)/

それは「bending the truth」です!

「事実をねじ曲げる」という意味!

 

 

例を出しますね(*^_^*)

Aさんは仕事が終わって同僚である

Bさんと一緒に居酒屋へ飲みに行きました!

家に着くなりAさんは奥さんから

こう質問をされます( ゚д゚ )彡

 


What did you do until such time?
こんな時間までなにしてたの?


 

これに対してAさんはこう答えます!

 


I had some work matters to discuss with B.
Bさんと仕事のことを話さなきゃいけなかったんだ!


 

しかし実際は仕事の話以外のことを

多く話していましたから、

事実とは異なることを言っていますよね!

これが「bending the truth」です!

 

 

逆の概念は「telling it like it is」で

事実をそのまま述べるといった意味ですね!

さっきの話だとこうなります(^^)/

 


I had a couple of drinks with B
Bさんとお酒を飲みに行ったんだよ!


 

まぁ仕事帰りに飲んで帰る場合、

奥さんに連絡を入れるのが普通ですが

例として挙げさせていただきました(^O^)

 

スポンサーリンク


 

 

このように英語にも日本語同様に

「本音」と「建前」が存在しています!

英語はストレートでぶっきらぼうな言語

だと思われがちですが、

しっかり学習していけば丁寧で格式のある

会話ができるようになるはずです!

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です