イギリス王室ハリー王子&メーガン・マークルに学ぶ、恋愛で使える英語表現!

こんにちは(^O^)/

 

今回は『恋愛で使える英語表現』

を書いていきたいと思います(*^^*)

恋愛についての記事は

まだ書いていませんでしたね(^_^;)

 

スポンサーリンク


 

 

ハリー王子&メーガン・マークルが結婚!

 

今日例として挙げさせて頂くのは、

昨年5月19日に挙式をあげたビッグカップル!

イギリス王室のハリー王子と

アメリカ出身の女優メーガン・マークルです!

 

この2人の結婚は

大きな話題を生みましたよね(*´ω`*)

 

ハリー王子は、イートン・カレッジ時代に、

喫煙、飲酒が見つかったり、

ラスベガスで女性たちと、

裸で踊っている写真が撮られたりと、

なにかとお騒がせなプリンス(゜.゜)

 

 

一方のメーガン・マークルは、

2011年アメリカの大ヒットドラマ

『SUITS / スーツ』で一躍有名になり、

注目が集まるようになりました(ヽ´ω`)

ただ、アフリカ系の母を持ち、

離婚歴がある女優として知られていたので、

今回の結婚では、イギリス王室の今後を

象徴しているような印象を受けました!

世界的にも差別撤廃の流れで進んでいるので、

そういうメッセージのような気もします!

 

 

この2人に行われたインタビューの中から、

使えそうな言葉を

いくつか載せていきますね(*´∀`)

 

スポンサーリンク


 

 

恋愛で使える英語表現5選!

 

Meghan Markle:Just an amazing surprise. It was so sweet and natural, and very romantic. He got on one knee.

メーガン・マークル:本当に素晴らしいサプライズでした。すごくすてきで、自然で、とてもロマンチックでした。片膝を突いてくれて。

「get on one knee」は

「片膝をつく」という表現!

プロポーズの定番ポーズですね(*´∀`)

やっぱり定番だけど女性からしたら

嬉しいんでしょう(ヽ´ω`)

 

 

 

Prince Harry:And then, it was, I think, about three, maybe four weeks later that I managed to persuade her to come and join me in Botswana. And we camped out with each other under the stars. And we spent, come and join me for five days out there, which was absolutely fantastic. So, then, we were really by ourselves, which I, which was crucial, to me, to make sure that we had a chance to get to know each other.

ハリー王子:それから、確か、3週間か、4週間後だったかもしれませんが、ボツワナに来て僕に合流してくれるよう、彼女に頼んで何とか来てもらったんです。そこで、一緒に星空の下でキャンプをしました。合流しに来てくれて、あそこで5日間過ごしたよね、あれは本当にすてきだった。そうやって、本当に自分たちだけで過ごしたのですが、それが僕にとってはとても重要だったのです、お互いのことを知る機会をしっかり持つということが。

「persuade」は「〜を説得する、口説き落とす」

「camp out」は「キャンプをする、野宿する」

「absolutely」は「まったく、断然」

「fantastic」は「(夢のように)素晴らしい」

「crucial」は「非常に重要な」

「And we camped out with each other under the stars」

ここの部分がめちゃロマンチック!

 

 

 

Meghan Markle:I didn’t know much about him, and so the only thing that I had asked her when she said she wanted to set us up was … I had one question. I said, “Was he nice?” ‘Cause if he wasn’t kind, it just didn’t, it didn’t seem like it would make sense. And so, we went and, um, we had a, met for a drink, and then, I think, very quickly into that, we said, “Well, what are we doing tomorrow? we should, we should meet again.”

私は彼のことをあまり知らなかったので、引き合わせたい人がいると彼女(紹介者)に言われたときに私が唯一尋ねたことは・・・一つだけ質問したんです。「いい人なの?」と聞きました。だって、親切な人でなくては何の意味もないと思えましたから。それで、会って一緒にお酒を飲んでいるうちに、すぐに意気投合して、「それでは明日は何をしましょうか?また会いましょう」と言い合っていました。

「I said, “Was he nice?”」の部分は、

「I asked if he was nice?」などの間接話法と、

「I said, “Is he nice?”」という直接話法の時制が

混ざったものと思われます(゜.゜)

会話ではこのように、

きちんとした文法になっていないことも多く、

そこを理解するには多くネイティブの会話に

触れることがかなり重要かと思います(*´ω`*)

「make sense」は「意味を成す、筋が通る」

「into〜」は「〜に関心を持って、熱中して」

 

 

 

Prince Harry:And I was beautifully surprised when I walked into that room and saw her, and there she was, sitting there, and I was, like, “OK, well, I’m gonna have to up my game here, ha-ha, kind of, I’d better sit down, and have a, and make sure I got a good chat.”

ハリー王子:そして、その(待ち合わせの)部屋に入っていって彼女がそこに座っているのを見たときはうれしい驚きでした。「よしっ、ここはビシッと決めていかなきゃならないぞ、ははは、ちょっと、座って楽しい会話になるよう気を配るんだ」という感じで。

「beautifully」は「素晴らしく、ものすごく」

「up my game」の形は、

人前や異性の前などでしっかりやる、

良いところを見せるという意味で

使われています(。・_・。)

「chat」で「おしゃべり、雑談」の意!

 

 

 

Prince Harry:The fact that I fell in love with Meghan so incredibly quickly was a sort of confirmation to me that, that everythiー everythー all the stars were aligned. Everything was just perfect.

ハリー王子:信じられないほどあっという間にメーガンと恋に落ちたという事実が、僕にとっては、運命の星に導かれているということを証明しているようなものでした。すべてがピタリとはまったのです。

「incredibly」は「信じられないほど、非常に」

「confirmation」は「確認、立証」

「all the stars are aligned」で、

すべての星がいい位置に並んでいる、

幸運が巡ってきているという意味です♪

占星術に由来しているみたいですね(^^)v

「align=整列させる」の意味です!

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

どうでしたでしょうか?(*´ω`*)

2人がラブラブすぎて読んでて・・・。笑

お互いの馴れ初めを聞かれたときとか、

使えるワードがいっぱいありましたね♪

 

今日はここから引用したので、

載せておきますね(*´ω`*)

引用:ENGLISH JOURNAL 2018年5月号

 

是非ぜひ、使ってみてください(^^)v

今日はこの辺で失礼しますね!

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です