英語で「男女」を表す「man/woman」と「male/female」の使い分けが難しい!そんな人はこれ読んで!

こんにちは(^^)/

 

日本人が間違いやすい単語として

「man/woman」と「male/female」

があります(^_^;)

どちらも「男」や「女」を表す単語ですが

その違いとは一体なんなのでしょう?

 

今日はこの2つ(4つ?)の単語の使い方を

使用例を交えて書いていきたいと思います!

 

スポンサーリンク


 

 

「man/woman」と「male/female」は品詞で使い分け?

 

まず、そもそもの話なのですが、

「man/woman」と「male/female」は

品詞が異なります(^^)/

 

「man/woman」は

「名詞」の用法だけに対し、

「male/female」は

「名詞」と「形容詞」どちらも

使用可能なんです!

これは大きな違いですね(^^)v

 

 

まとめると


「man/woman」→「名詞」

「male/female」→「名詞」「形容詞」


というふうになります!

 

なので「男の」や「女の」と表現したい

ときは「male/female」しか使えません!

 


Female voices tend to carry less than male voices.
女性の声は男性の声より遠くまで聞こえない傾向があります。


Only male students may live in the share house.
このシェアハウスは男子学生専用です。


 

スポンサーリンク


 

 

名詞で使うときはどうやって使い分けているの?

 

「名詞」の用法の場合

「man/woman」と「male/female」

が選択肢としてありますが、

ニュアンスの違いがあるので

しっかりと使い分けましょう(^^)/

 

日常会話で「男性」「女性」を表したいのであれば

「man」「woman」が一般的だと思います!

ちなみに「大人の男性、女性」を表す単語なので

「男子(boy)、女子(girl)」は含まれません!

 

 

「male」「female」は科学や

刑事事件などでよく使われている

イメージがあります!

例えば「男性被験者」を表す場合

「male subject」となるでしょう!

あとは動物の雄雌について話すときは

「male」「female」でしょうね(^^)v

 


That dog is a male.
あの犬はオスですね。


 

スポンサーリンク


 

 

「男っぽい」「女っぽい」「男らしい」「女らしい」の表現がややこしい?

 

これは余談になりますが、

日本語には「男っぽい/女っぽい」や

「男らしい/女らしい」という言葉がありますね!

この違いが外国人の日本語を勉強されている方に

とってはやっかいな表現らしいです(^_^;)

 

これは何でかというと英語では

「男っぽい(女性に使う)」も

「男らしい(男性に使う)」も

「masculin」という単語で表現します!

 

同様に

「女っぽい(男性に使う)」も

「女らしい(女性に使う)」も

「feminine」という単語で表現します!

 

 


【日本語の場合】

「女っぽい」「男らしい」→「男性」に使う

「男っぽい」「女らしい」→「女性」に使う

 

【英語の場合】

「masculin」→「男性」「女性」に使う(男らしい男性、男っぽい女性)

「feminine」→「男性」「女性」に使う(女らしい女性、女っぽい男性)

※性別が「男」でも「女」でも関係なく使う


 

この日本語と英語で意味がクロスしてるのが

わかりにくい要因なのではないかと(^_^;)

わかりやすいように画像を貼ってみます!

 

 

【男らしい(男性)、masculin】

 

 

【男っぽい(女性)、masculin】

 

 

【女らしい(女性)、feminine】

 

 

【女っぽい(男性)、feminine】

 

 

これで少しはイメージ掴めましたか?

日本とは違う表現なので

慣れるまでに時間がかかるとは思いますが、

整理してみましょう(^^)/

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

スポンサーリンク


 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です