【中編】ミランダ・カーのワードローブに潜入!使える英語の宝庫を見つけた!

こんにちは\(^o^)/

 

今日も昨日の記事の続きを

書いていきたいと思います!

 

この動画は使える表現がかなり多かったので、

昨日と今日の記事に加えて、

明日も続きを書いていきたいと思っています♪

昨日の記事は下のリンクから飛んでください(^^)/

 

【前編】ミランダ・カーのワードローブに潜入!使える英語の宝庫を見つけた!

 

スポンサーリンク


 

 

ミランダ・カーの会話表現を身に付けよう!

 

 

 

3:10
Who do you think being a pinup?
憧れの女性は誰ですか?

「Who do you think〜」で

「〜は誰だと思いますか?」

という意味ですね(゚∀゚)

「pinup」の意味を僕は知らなかったので

調べてみたら「ピンナップ写真、美人」

と出てきました!

「ピンナップ写真」がわからなかったので

調べたら「ピンで壁に留める美人の写真」

とのことです(゜o゜)

「pinup」でGoogle画像検索を

かけたらこれが出てきたので、

イメージは掴めましたか?(゚∀゚)

この「美人」とかの意味が派生して

「憧れ」と意訳になっているんですね!

 

 

 

3:14
It’s crazy but my grandmother really influenced me a lot.
とてもクレイジーだけど、祖母には強い影響を受けたわ!

やはり「crazy」という言葉は

英語ではかなり使われるんですよね!

意味の度合いも使われ方によって様々で、

本当におかしいときに使う場合も、

こんな感じで近しい人に使う場合もありますね!

「influenced」は「影響される」なので、

「a lot」で意味を強めている感じですね(*´∀`*)

 

 

 

3:59
I’m obsessed with that.
お気に入りよ!

これはこの動画で何回も出てきているので、

おなじみになっていますよね\(^o^)/

「be obsessed with〜」で、

「~で頭がいっぱいである」という意味!

そこからお気に入りという意味に

意訳されていますね(*゚∀゚)

 

 

 

4:23
You have to tone it down a lot here where’s when I go to Paris or when I’m in New York or in London I can just like really go for it and not have to worry. That’s what I really love about like clothes and fashion is that it’s a really great way to have fun and just like like part of yourself like your spirit come through that like it’s a way to express yourself.
ここではシンプルだけど、パリやニューヨークやロンドンではどんなスタイルも試せる。だからファッションが好きなの。すごく楽しいし、着るものを通して自己表現もできるわ。

「tone down」で

「和らげる、調子を下げる、

強度または激しさを低下させる、」

などの意味があるので、

「シンプル」という表現が使われています!

「when I go to ◯◯」「 when I’m in ◯◯」

は、どちらも「私が◯◯に行くとき」という

意味で使われますがここでは「 I 」を

主語にして一般論として言われていますね(^o^)

「go for it」は、普通に使うと

「頑張って、応援している」という意味ですが、

ここでは「試す」という意訳がされています!

「it’s a really great way to ◯◯」で、

「◯◯するのにとても素晴らしい方法」

という意味!

なので最後の文の

「it’s a way to express yourself」は

「really」と「great」が取れているので、

「自分を表現する方法」という意味ですね!

「way = 方法」で「to以下」でその説明!

 

スポンサーリンク


 

 

4:42
I totally yeah.
私もそう思う!

「totally」は、

「まったく、すっかり」という意味ですが、

この表現で同意を表すのを初めて知りました!

僕もこれは新たに使いたい表現ですね(*゚∀゚)

 

 

 

4:44
and I think that once it stops being fun and that’s really boring.
楽しいことをやめたら、退屈になる!

「boring」で「退屈な」という意味で、

何をしたら退屈なのかが

その前に書かれています!

「once it stops being fun」の部分ですね!

「once」と「being」の組み合わせは、

なるほどなと思いましたね(゜o゜)

なぜかというと「once」は「一度」、

「being」は「一時的な状態」を意味するので、

ぴったり状況が合うんですよね(^^)

 

 

 

4:59
This is really cool.
これも好きよ!

「cool」は、

「涼しい、かっこいい」など

の意味がありますが、

今回は後者の方ですね!

これと同じ意味を持つ言葉に、

「awesome」という言葉があり、

どちらかというと若者が使っている

イメージですね(*゚∀゚)

 

 

 

5:07
That’s one of my hits for the summer.
夏に大活躍よ!

「hit」は昨日の記事でも書きましたが、

名詞で「人気を博した、大成功した」

という意味があります(^^)

それを「for the summer」で

夏に限定していますね(*^_^*)

 

 

 

5:09
This is kind of fabulous.
これもいいわね!

「fabulous」の意味は、

「信じられないほどの、うそのような、

すばらしい、すてきな」などなどあり、

普通に褒める以上の表現をしたいときには

結構使える単語だと思います(*゚∀゚)

 

スポンサーリンク


 

 

今日はここまでですね(^^)

明日で最後となりますので

楽しみにしておいてください!

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

↓↓↓【後編】書き終わりました↓↓↓

【後編】ミランダ・カーのワードローブに潜入!使える英語の宝庫を見つけた!

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です