英語の中立的な表現を身につけよう!「handicapped」じゃなくて「physically challenged」だよ!

こんにちは(^^)/

 

本日は英語の中立的な表現について

記事を書いていきたいと思います!

この話はかなり重要なので、

頭に入れておいていただけたらと(*^^*)

 

世界的に今の時代の流れのようなもので、

差別的な言葉が使われなくなってきましたね。

 

スポンサーリンク


 

 

昔使われていた差別用語が改められてきた?

 

昔は飛行機に添乗しサービスをしてくれる女性を

「スチュワーデス」と呼んでいたと思うんですが、

現在その呼び方は基本的にしません(^o^)

いまは「キャビンアテンダント(CA)」と

呼ばれていると思います(^^ゞ

 

ではなぜ、「スチュワーデス」という言葉が

あまり使われなくなったのでしょうか(・・?)

それはかつて男性客室乗務員が「スチュワード」

と呼ばれていたことが関係しているんですね!

 

この言葉は差別的な要素が語源にあるという見方で

「スチュワーデス」はその女性形なので、

「性差別用語」じゃないかという意見が出ました。

差別の撤廃が世界的な流れとして起こっているので、

徐々に徐々に使われなくなっていきました(´・ω・`)

 

 

JAL(日本航空)でも1996年の途中、

客室乗務員の呼称が「フライトアテンダント」

に変わったらしいのですがあまり浸透せず、

いまは「客室乗務員」「キャビンアテンダント」

「CA」と呼び方は様々あるようですヽ(`▽´)/

 

ANA(全日空)でも、

「スチュワーデス」という言葉を1987年まで

使っていたそうですがいまはありませんね!

 

ただ、これを聞いて、

「えっ!僕が小中学校の時(2000年代前半)

はまだまだ「スチュワーデス」だったよな!」

と思いました(;・∀・)

 

やはりそういう決まりがあっても、

それが浸透するにはかなりの時間が

かかるんだなと感じます(´・ω・`)

「CA」「キャビンアテンダント」なんて

感覚としてはここ数年で聞くようになりましたよ!

 

「スチュワーデス」

「キャビンアテンダント」

の例を出して説明しましたが、

こういう言葉って調べてみると

結構あるもんなんですよね(゜o゜)

 

スポンサーリンク


 

 

「handicapped」じゃなくて「physically challenged」を使う!

 

例えば、障害についての表記は

最近見直されている傾向にあります!

日本でも「障害」ではなく「障がい」という

表記にするところが増えています(*^^*)

これは、使われる当事者が

良い印象を持たないと思われる漢字を

ひらがなに直すという動きがありますね!

 

 

英語でも身体障害者のことを以前は

「handicapped」「disabled」

という言葉を使っていましたが、

現在は「physically challenged」とか

「differently abled」と言われたりします(^^)/

 

「handicap」は日本語でいうと

「不利」「不利益」みたいな意味があり、

「disable」は

「無効にする」「できなくする」

みたいな意味があります(´・ω・`)

否定的な意味が含まれているので

恐らく他の語に言い換えがされたのかと!

 

他にも視覚障害者を「blind」ではなく

「visually impaired」と言い、

聴覚障害者を「deaf」ではなく

「hearing impaired」と言います!

 

 

障害を 「impaired」で表すことも

最近では増えていると思います!

「弱る」とか「傷める」という意味があり

先ほどの言葉に比べて表現が

柔らかくなっています(*´∀`*)

 

個人的に面白いなって思った表現は

失業者のことを「unemployed」ではなく、

「between jobs」とか「in transition」

という言い方をするんですね(゜o゜)

 

要するに「仕事と仕事の間」とか

「移行期間」という表現であり、

「unemployed」ほど失業者という意味合いが

なくなりこれも柔らかくなっています(*^^*)

 

こういうプライバシーが強い事柄を

表現する時はどの言葉を選ぶかっていうのが

非常に大事だと感じますね(´・ω・`)

逆にそれを知らなくて話してしまうと

思わぬトラブルになりかねません!

なので意識しなければいけませんね!

 

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

スポンサーリンク


 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です