「お店」を表す「shop」と「store」の使い分けは?アメリカ英語とイギリス英語でニュアンスが違うの?

こんにちは\(^o^)/

 

ところで英語を学習されているみなさんは

「お店」を表すのに「shop」と「store」

のどちらを使っていますか?

 

 

「えっ、どっちも同じような意味なんでしょ?」

「別にどっちでもいいでしょうよ!」

 

こんな方もいるかもしれません(^_^;)

ただ、アメリカ英語とイギリス英語で

少しニュアンスが変わってくるので、

覚えたほうがいいでしょうね(^^)

 

スポンサーリンク


 

 

イギリス英語の場合「shop」と「store」はどっちが主に使われる?

 

アメリカでは両方使うのですが、

「shop」は何かを作ったり修理したり

サービスを提供したりするお店を指します!

 


She went to barber shop yesterday.
昨日、彼女は理髪店に行きました。


The ramen shop is on the left.
ラーメン屋さんは左側です。


Why don’t we go to the photo shop?
写真屋さんに行きませんか?


 

いま挙げた3つの「shop」ですが、

コーヒーショップ=作る手間

ラーメン屋=同じく作る手間

写真屋=撮影・現像の手間

のようにサービスを提供しているので

こういう場合は「shop」を使います(*^^*)

 

 

「store」は単に商品が置いてあるお店

のことで薬局とかはそれに当たるでしょう!

 


I want to go to drug store.
薬局に行きたいです。


I love to go to the electronics store and look at the gadgets.
家電量販店に行って電子機器を見るのが大好きです。


She is a person who works at a liquor store.
彼女は酒屋の雇人です。


 

日本で「store」をイメージしやすいものを挙げると

「ヨドバシカメラ」「ドン・キホーテ」「コンビニ」

など単に商品を売っているお店を指しますね(^^)

 

 

一方、多くのイギリス人は

お店の形態や店名が「○○ store」の場合でも

そのお店が小さければ「store」 ではなく

「shop」 と表現します(^^)

基本的にイギリスの場合は「shop」を使う

と覚えていても問題はなさそうです!

 

スポンサーリンク


 

 

アメリカではサービスを提供するのかしないのかで使う単語が変わる!

 

今日の記事では、

「shop」と「store」の違いについて

ご紹介してきました(^^)

 

まとめてみるとアメリカでは

「shop」・・・商品の作成や加工作業も行っているお店

「store」・・・商品を売るだけのお店

となります(*^^*)

 

 

これらの使い分けができると

「お店」について会話する際、

より細かいニュアンスを明確に

伝えられるようになりますね\(^o^)/

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

スポンサーリンク


 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です