英語ってこんなにも表現豊かなんだ!言い換えがすごく使われる言語だから類義語をできるだけ覚えよう!

こんにちは(^^)/

 

いきなりですがみなさんは英語に

どんなイメージをお持ちですか?

よく聞くのがこんなものです(*^^*)

 

「YES か NO かの選択で

非常にストレートな言語!」という意見!

要するに、中間の意見がないみたいな(;´∀`)

 

確かに1つ言えるのは

英語は結論から先に持ってくるので、

日本人にとってはストレートで

ぶっきらぼうな言語だと思われがちです!

 

 

【日本語の場合】

私は、これこれこうこうした理由で、こう思います。

【英語の場合】

私は、こう思います。なぜなら〜だからです。

 

もちろん、日本語が全部そういう

言い回しをするわけではないのですが、

海外(英語圏)の人に比べたら

こういう風に比較できますね(´ω`)

 

ただ、英語を学べば学ぶほど

英語の世界はとても多くの表現があり、

美しいんだということがわかってきます!

日本語みたいにあいまいな表現も

もちろん多くあるんですよ(゚∀゚)

 

スポンサーリンク


 

 

アメリカの大学入試では語彙力をみている?

 

アメリカの大学進学適正試験である

SAT(= Scholastic Assessment Test)

では、単語力、語彙力に大きな比重を置いています。

このSATは、日本でいうセンター試験!

 

確かにどこの国でもそうでしょうが、

高い地位がある人の方が

語彙力、単語力は高いように感じます!

特にアメリカなどの先進国では、

それが高度な教育を受けてきた証であり、

高く評価される傾向にあるみたいです!

 

さて、今日の題にもある

「類義語(=synonyms)」ですが、

そもそも類義語のイメージがピンと

きていない方のために軽く説明しますね!

 

 

類義語とは、まぁ漢字から推測もできますが、

似ているような意味を持っている言葉同士を指します!

例えば、「類義語」の類義語は(ややこしいw)、

「同義語」「同意語」「類語」などです!

 

他の例を挙げると、

「ホテル」「旅館」「宿屋」とか。

「きれい」「かわいい」「うつくしい」とか。

なんとなくイメージはつきましたかね?(゚∀゚)

これが英語だとめちゃくちゃ、

いや、めっっっっっちゃくちゃ大事なんです!

 

なぜかと言うと、

英語を母語とする国の方々は

基本的には同じ単語を言い換えて、

自分の言葉で発信するクセみたいな

ものがあると考えておいてください(^^)/

下に例を参考にしてみていきましょう!

 


A:I have no time to do such a complicated problem.
こんなにも複雑な問題をやるには時間がないよ〜!

B:That means that you have a difficult problem, right?
それってつまり、難しい問題を抱えてるってことよね?

A:Yes Yes! I have a very hard thing!
そうそう!とてもハードな問題を抱えているってこと!


 

 

わかりますか?

この3つの文章の中での類義語は何でしょうか?

一番最初のAさんの文の「complicated」を、

次の文でBさんが「difficult」に言い換えて、

最後にまたAさんが「very hard」に変えています!

なのでこの「complicated」「difficult」「hard」が

類義語なんですね(*´∀`)

 

実はこの文章の中で

もう1つ類義語を使ったのですが、

皆さんはお気づきになりましたでしょうか?

 

そうです!

最後のAさんの文で、

今まで使っていた「problem」

「thing」に変えていたんです(ノ´∀`*)

なのでこの2つも類義語になります!

 

スポンサーリンク


 

 

「言い換えが大事なんだな!でもどうやって勉強すれば・・・。」

 

このように、ネイティブの英語話者は、

同じ単語を使わずに他の単語に言い換えて、

自分の言葉で話すのを自然にしています(^_^;)

 

なので、先程軽くご紹介したSATで、

単語量、語彙力を重視しているのも、

なんだか納得できますね\(^o^)/

勉強する方にとってはかなり大変ですが。笑

 

例えば歩く(walk)

類義語を挙げてみると、

toddle(よちよち歩く)

strut(気取って歩く)

stump(重い足取りで歩く)

traipse(疲れてとぼとぼ歩く)

plod(とぼとぼ歩く)

stride(闊歩する)

stroll(ぶらぶら歩く)

 

こんな感じで歩くだけでもかなりの

数の単語があることがわかります!

 

日本語だと、「歩く」という言葉に

「とぼとぼ」「のろのろ」「ぶらぶら」

などの擬態語を付ければいいのですが、

英語になると動詞そのものが変わるんです(;´∀`)

とてもややこしいですよね・・・。笑

 

 

他にも「笑う」の場合だと、

laugh(声を出して笑う)

smile(微笑する)

chuckle(含み笑いをする)

giggle(クスクス笑う)

grin(歯を見せてにっこり笑う)

simper(にやにやする)

guffaw(ゲラゲラ笑う)

snicker(鼻先でせせら笑う)

titter(忍び笑いをする)

のように、こんなに出てきます!

 

だからこそ勉強すればするほど自分の成長が

大きく感じれるのではないでしょうかヽ(゚∀゚)ノ

勉強してインプットしたものを、

どんどん話してアウトプットしましょう!

 

昨日Twitterにもこんなことを書きました(*^^*)

 

勉強の仕方は最近の記事でも書いたので、

そちらを参考にしてみてくださいね\(^o^)/

「和英辞典」と「英和辞典」を活用して語彙力を爆発的に増やそう!英単語が英語で説明されている「英英辞典」もあったらベストだね!

 

スポンサーリンク


 

 

そうです。

1日で話せるようになったら苦労しません。

ただやり続けた先には、

きっと良い未来が待っていると思いますよ!

その努力を続けられる人こそ、

本当の才能の持ち主だと僕は思います!

一緒に頑張って行きましょうねヽ(^o^)丿

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です