アメリカ英語は「take」で、イギリス英語は「have」を使う?相手によって使う動詞を変えてみよう!

こんにちは\(^o^)/

 

同じ場面を表現するのに

アメリカでは「take」を使う場面でも、

イギリスでは「have」を使うことがあります!

 

今日はアメリカ英語とイギリス英語の

細かい部分の差を扱っていきますね(*^^*)

 

スポンサーリンク


 

 

同じ場面を表すのにアメリカとイギリスでは使う動詞が変わる?

 


I’m going to take a shower.


I’m going to have a shower.


 

上記の例を見ていきましょう!

どちらも意味は

「私はこれからシャワーを浴びます。」

となります!

 

 

ただ動詞が「take」「have」

なっていますよね(;´∀`)

この違いはいったい何なのでしょうか?

 

記事のタイトルにもなっていますが、

この違いはアメリカ英語かイギリス英語か

によって変わってくるんですね(^○^)

 

なので、

「take」を使うのがアメリカ英語で、

「have」を使うのがイギリス英語です!

ややこしいですよね・・・。(;´Д`)泣

 

 

同様の例で以下の例文を挙げます!

 


I’m going to take a bath.


I’m going to have a bath.


 

これはどちらも

「私はこれからお風呂にはいります。」

ですが先程と同様に、

「take」を使うのがアメリカ英語

「have」を使うのがイギリス英語です!

 

このようにアメリカ人は

名詞の前に「take」を付ける傾向があり、

イギリス人は

同様の場面で「have」を使うんですね!

 

スポンサーリンク


 

 

アメリカ人の場合

「休憩したい」と言うときは


I want to take a break.


 

ですが、イギリス人の場合


I wanna have a break.


このようになります!

※「wanna」は「want to」の略で、

読み方は「ワナ」です!

友だち同士などの砕け会話では、

「wanna」を使うことが多いですね!

 

 

同様に「見てみる」と言いたいとき、

アメリカ人は「take a look」を使い

イギリス人は「have a look」を使います(/・ω・)/

一応規則性があるので覚えるのは

そんなに苦労しないかもしれませんが、

慣れるまでは大変ですよね(;´∀`)

 


Please take a look at the file I sent you.


Please have a look at the file I sent you.


 

どちらも、

「私が送ったファイルを見てくださいね」

という意味です(^^)

 

 

相手の出身地によって動詞を変えると

レベルが1段階上がった感じですね(*^^*)

意識しないと1つの表現しか使わないと

思うので頑張って反復練習してみましょう!

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

スポンサーリンク


 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です