ロサンゼルスのビートメイカー、Baths(バス)のリズムが凄すぎる!

こんにちはヽ(`▽´)/

 

ついにこの人を皆さんに

ご紹介する時が来たようです・・・。

 

スポンサーリンク


 

 

Baths(バス)っていったい何者なんだ?

 

僕自身は雑誌の特集で

このBaths(バス)を知りました!

当時はバスにとって3枚目のアルバム、

『Romaplasm』を発売して間もない頃です!

 

引用:https://www.amazon.co.jp

 

その雑誌の紹介文の

【LAのビートメイカー】

という1文に惹かれて、

購入を決めたという感じですね(^^)/

 

アルバム自体は、

2017年の11月15日に発売されています。

 

曲を聞いてもらう前にバスを紹介している

サイトをいくつか見つけたので紹介しますね!

 

LA在住、Will Wiesenfeld こと Baths。音楽キャリアのスタートは、両親にピアノ教室に入れてもらった4歳まで遡る。13歳の頃には、既にMIDIキーボードでレコーディングをするようになっていた。あるとき、Björk の音楽に出会い衝撃を受けた彼は直ぐにヴィオラ、コントラバスそしてギターを習得し、新たな独自性を開花させていった。ファースト・アルバム『Cerulean』はインディ・ロック~ヒップホップ・リスナーまで巻き込み多くの話題を呼んだ。 大病を患いその果てで見事なまでの成長を成し遂げ、その年多数のメディアから年間ベストに挙げられたセカンド・アルバム『Obsidian』。ポップ・ミュージックの新たな可能性を拡張したサード・アルバム『Romaplasm』。

引用:http://www.ele-king.net

 

ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。

引用:https://ototoy.jp

 

曲を聞けば分かるんですが、

イントロから感じられる独特のリズム(*^_^*)

何度も聴かないとリズムが取れません・・・。笑

 

えっ?いいから早く聞かせろって?(;´∀`)

確かに、まずはモノを聞いた方がいいですね!

 

『Romaplasm』というアルバムの中から、

今回は3曲ご紹介しようと思います♪

 

スポンサーリンク


 

 

Baths(バス)の曲を3つ選んでみました!

 

1.【Yeoman】

 

“0:10〜” から始まるリズム♪

そこにBathsの心地良い声 。

 

この『Romaplasm』の

リーディングチューンとしては、

最高のパフォーマンスを発揮しています(^^)/

 

1曲目ってめちゃくちゃ大事じゃないですか?

そこにこれを持ってきたというのは、

Baths自身この曲に相当の自信があったんでしょう♪

それが感じられる一曲ではないかと僕も思います!

 

 

2.【Extrasolar】

 

僕はこれを実家に帰ったときに

親に聞かせたんですね!

そしたら何て言ったと思います?(゜o゜;

 

“0:06〜” からのメロディを聞いて、

「なんかCDプレーヤーが音飛びしてるみたいだね!」

って言ったんですよ(゜∀。)

 

それには僕も、

「いやいや、言い方・・・。笑」

ってすぐに突っ込んだんですけどね(;´∀`)

 

でも逆に言うと、

親世代(僕の両親は40代半ばです)の方々は、

触れてこなかったリズムなのかなと思いました!

 

確かに、僕でさえ初めて聴いたとき、

「えっ、なにこれ!?!?!?」

って思ったぐらいですからね(*´Д`)笑

 

でもこのリズムが聴いてるうちに

心地よくなってくるんですよね♪

是非ぜひ、触れてみてください!

 

 

3.【Abscond】

 

この曲の1番の聴きどころは、

“1:18〜” からの曲調が一気に逆に振れるところ。

がんがんポップな感じだったのが一転します!

 

“1:34〜” からまた元の曲調に戻る場面が、

なんとも自然で、訳が分かりません。笑

僕の音楽の知識では到底理解できませんね(^_^;)

 

この感じは先に紹介した2曲にはないので、

その部分を聴いてくれたらいいんじゃないかと

勝手に思っています(^^)/

 

スポンサーリンク


 

 

こうして3曲紹介してきましたが、

Bathsに出会えて本当に良かったと

心から思っています!

 

ジャケットもカッコいいし、

最初はあまり曲には期待してなかったんですが

そこを一気に持っていかれた感じですヽ(`▽´)/

 

個人的には、作業中のBGMとかでも

結構使えるんじゃないかと思いますよ!

僕自身、このように記事を書くときとかに

使っています(*^_^*)

是非ぜひ、聴いてみてください!

 

では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です