井上陽水と玉置浩二がコラボした『夏の終わりのハーモニー』は令和に語り継がれる名曲だった!

こんにちは(^O^)/

 

今日は井上陽水と玉置浩二がコラボした

『夏の終わりのハーモニー』を紹介します!

 

完全に僕の世代ではない曲なのですが、

何回も聴いたことはあるんですよね(^^)/

それだけ多くの人に聴かれ、

歌われているということでしょうか!

1986年9月25日に発売されているので

じつに30年以上も前の曲なわけです!

 

スポンサーリンク


 

 

贅沢なコラボレーションだよなこれは!

 

【井上陽水、安全地帯 / 夏の終わりのハーモニー】

 

 

どうですかみなさん?(ヽ´ω`)

一度はお聴きになったことが

あるのではないでしょうか?(^^)/

改めて聴いてみると

すごく良い歌だったんだって

再確認させられますよね♪

 

安全地帯の玉置浩二がメロディーを作り、

そこに井上陽水が詩を書いたみたいです(*^^*)

かなり贅沢なコラボレーションなのでは

ないかと思いますψ(`∇´)ψ

 

【井上陽水】

 

【玉置浩二】

 

先日スナックで飲んでいたときに、

隣のお客さんが

「お兄ちゃん、この曲歌えるか?」

って聞いてきて、

「うーん・・・。サビなら・・・。」

としか答えられなかったんですよね(ToT)

 

やっぱりそういう場に行くってなったら

こういう少し昔の曲も知っていたほうが

盛り上がったりしますもんね(T_T)

なのでもし皆さんがそういう機会が

今後あった時のために紹介しましたψ(`∇´)ψ

あっ、弾き語りバージョンもオススメです!

 

 

【井上陽水、安全地帯 / 夏の終わりのハーモニー】

 

スポンサーリンク


 

 

歌詞をしっかり読んでみるとすごいロマンチックなんだなぁ!

 

今日のささやきと
昨日の争う声が
二人だけの恋のハーモニー

夢もあこがれも
どこか違ってるけど
それが僕と君のハーモニー

夜空をたださまようだけ
誰よりもあなたが好きだから
ステキな夢 あこがれを
いつまでも ずっと 忘れずに

今夜のお別れに
最後の二人の歌は
夏の夜を飾るハーモニー

夜空をたださまようだけ
星屑のあいだをゆれながら
二人の夢 あこがれを
いつまでも ずっと 思い出に

真夏の夢 あこがれを
いつまでも ずっと 忘れずに

 

スポンサーリンク


 

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です